美容外科の治療で自信を取り戻す|名古屋などの都市部がおすすめ

ナース
  1. ホーム
  2. 脂肪吸引の流れ

脂肪吸引の流れ

女の人

名古屋などの美容外科クリニックで行われている脂肪吸引の施術は、辛いダイエットをせずに痩せることができる優れた美容施術です。しかし、中には脂肪吸引の施術を受けることに対して抵抗がある方や、不安に感じる方がいます。どのような流れで施術を行うかを知ることによって、抵抗や不安を和らげることができますので、名古屋などにある美容外科クリニックではどのような流れで脂肪吸引が行われているのかを知りましょう。
脂肪吸引施術は前日の夜から準備をする必要があり、食事を抜いたり水分をとるのを控えたりする必要があります。脂肪吸引の施術は、まず脂肪を吸引したい部分に、局所麻酔薬と、生理的食塩水と、血管収縮剤を混ぜたチューメセント液を注入していきます。それによって、脂肪層をふやかしてほぐして、より吸引しやすくすることができます。そして、チューメセント液を注入した後は、細い棒状の器具を使って脂肪層全体をほぐし、より吸引しやすい状態を作ります。脂肪層全体をならしたら、カニューレという細い管を挿入して、ほぐした脂肪細胞を吸入していきます。長いカニューレや短いカニューレ、細いカニューレなど、多種多様なカニューレを使用してしっかりと脂肪細胞を吸引していきます。患部の脂肪を吸引し終わったら、デコボコが出来ないように細い棒状の器具を使用してならし、カニューレを挿入した穴を縫合して施術は終了となります。手術後は、脂肪吸引をした部分にむくみができてしまいがちですので、マッサージをしてむくみを防ぎ、余分な麻酔液を絞り出していきます。その後、包帯や圧迫専用サポーターなどを装着して、脂肪吸引をした場所をケアしていきます。脂肪吸引を終えた後は回復室で休憩をして、体調に異変が無ければ入院をせずにそのまま自宅に帰ることができます。その後、状態が落ち着くまでは圧迫専用サポーターや包帯を付け続けておく必要がありますので、自分の判断で外さないようにしましょう。
名古屋などにある美容外科クリニックで行われている脂肪吸引施術の大まかな流れはこのようになっています。体への負担やダウンタイムを最小限に留めたいのであれば、ベイザーリポという施術方法を選びましょう。一般的な脂肪吸引はカニューレに刃がついていて、脂肪細胞以外の組織も傷つけてしまいますが、ベイザーリポはカニューレに刃がついておらず、3G超音波で脂肪細胞のみを破砕していきますので体へのダメージが少ないです。周辺組織を傷つけないため、皮膚のたるみや凹凸が生じるのを防ぐことができるというのも大きなメリットとなります。また、これまでの脂肪吸引施術では除去できなかった皮膚直下にある浅い部分の脂肪層も吸引することができるので、より患部を細くすることができます。施術を受ける上でより高品質な脂肪吸引治療を求めているのであれば、名古屋などの美容外科クリニックで行われているベイザーリポを選ぶようにしましょう。