美容外科の治療で自信を取り戻す|名古屋などの都市部がおすすめ

ナース
  1. ホーム
  2. ほうれい線を消す注射

ほうれい線を消す注射

女性

年齢を重ねるたびにどんどん顔のしわが増えてきたり、しわが深くなってきたりして、老け顔になってしまうと悩んでいる方は数多くいます。目じりのしわや口元のしわなど、顔の中でしわになる部分は多いですが、そのなかでも特に老け顔に見られてしまう原因となるのがほうれい線です。ほうれい線は小鼻から口元にかけて大きく伸びているしわで、ほうれい線が深くなると目立ちやすく老け顔に見られやすくなってしまいます。ほうれい線は他のしわと同様、年齢を重ねるごとにどんどん深くなってしまいますが、名古屋などの都市部にある美容外科クリニックで治療を受ければ薄くすることができます。
美容外科クリニックで行われる整形手術に抵抗があるという方もいます。しかし、近年は様々な治療方法が登場しており、メスを入れなくてもできる治療方法も登場しています。その一つとして挙げられるのが、美容成分として有名なコラーゲンを直接お肌に注入するコラーゲン注射という治療方法です。コラーゲンは、肌のハリやツヤを生み出している非常に大切な成分で、コラーゲンが減少することによってお肌が弾力を失いしわが生じてしまいます。コラーゲンは20歳をピークにしてその後は徐々に減少していきますので、ほうれい線が出る原因もコラーゲンが不足することによって起こります。コラーゲンを注射することによって、お肌の弾力や代謝が回復することはありませんが、へこんでしまったお肌を部分的に盛り上げる効果があります。ほうれい線にコラーゲンを注入することによって、ほうれい線のへこんでいる部分を盛り上げてくれるので、ほうれい線が目立たなくなります。治療にかかる時間は10分前後と非常に短く、ダウンタイムもほとんどありませんので、忙しい方でも手軽に治療を済ませることができます。ただし、お肌に注入したコラーゲンは体内に吸収されてしまいますので、効果がずっと続くわけではありません。効果が切れた頃に名古屋などにある美容外科クリニックに行ってコラーゲン注射を打ち直すなどすることで、若々しさをキープすることができます。
ほうれい線の治療として行われている治療は、コラーゲン注射の他にヒアルロン酸注射といった治療もあります。コラーゲンと同じくほうれい線に注入することによってお肌を持ち上げて、しわを薄くすることができるという治療方法です。近年は品質の良いヒアルロンが開発されており、コラーゲン注射よりもヒアルロン酸注射が主流になっています。コラーゲンよりも生態親和性が高くお肌によく馴染み、アレルギーなどの症状が現われにくく、持続性も長いというメリットがあります。また、原価もコラーゲンより安くなっていますので、治療費もヒアルロン酸の方が安くつくので、非常にコストパフォーマンスの良い治療方法と言えるでしょう。
名古屋などの美容外科クリニックでは、このようなヒアルロン酸やコラーゲンの注射の他にも、プラセンタ注射という施術が行われています。プラセンタとは女性の胎盤から抽出した栄養素で、美容に関する様々な機能を持っていることで知られています。アミノ酸が豊富に含まれているため新陳代謝が活性化され、美しいお肌作りをサポートする働きがあります。また、ホルモンバランスを正常化する働きがある為、ホルモンバランスが崩れることによる肌荒れや、更年期障害を予防する効果も認められています。このようなプラセンタ注射を定期的に行っておくことによって、お肌のコンディションを整えほうれい線を防ぐ効果が期待できます。ほうれい線が気になるという方は、名古屋などにある美容外科クリニックに行って、このような施術を受けてみるとよいでしょう。